• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

満目荒涼の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

見渡す限り、荒れ果ててさびしいさま。▽「満目」は見渡す限り、あたり一面の意。「荒涼」は荒れ果てて物さびしいさま。
句例
満目荒涼たる風景
用例
その満目荒涼とした原っぱの真ん中にね、軍服の天皇がぼんやり立っているのを<堀田善衛・断層>
類語
満目荒寥まんもくこうりょう 満目蕭条まんもくしょうじょう 満目蕭然まんもくしょうぜん
活用形
〈―タル〉 〈―ト〉

[揺れる気持ちを表す/孤独・さびしさ]カテゴリの四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。