• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

滑稽洒脱の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

知力に富み、巧みにおもしろく言いこなして、俗気がなく、さっぱりとしているさま。▽「滑稽」は機知に富む言葉が、すらすらと滑らかに出るさま。「洒脱」は俗気がなく、さっぱりしているさま。
句例
滑稽洒脱な会話
用例
間々滑稽洒脱の趣あるも、法度おのずから其の間に備わりて、少しも散漫の弊に陥らず。<高山樗牛・現代文章私見>
類語
軽妙洒脱けいみょうしゃだつ
活用形
〈―ナ〉

滑稽洒脱の解説 - 学研 四字熟語辞典

話がたくみでさわやかで、あかぬけていること。
注記
「滑稽」は、弁舌がたくみでさわやかなこと。この場合の「滑稽」には、現在の日本で一般的に使われている「おどけている」「おかしい」という意味合いはないので注意が必要。「洒脱」は、俗気ぞくけがなくさっぱりしていること、あかぬけていること。
類語
軽妙洒脱けいみょうしゃだつ

キーワード[洗練された]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。