• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一将万骨の解説 - 学研 四字熟語辞典

一人の将軍が功成り名遂げた陰には、大勢の兵隊戦場に骨を埋めるという犠牲をともなっているということ。また、それを忘れてはならないという戒め。
注記
「将」は、将軍。または、上に立つ者。「万骨」は、きわめて大勢の死した者の骨。「一将功成りて万骨枯る」の略。
出典
曹松そうしょう「己亥歳きがいのとし
用例
これら三つの戦争は、そのときどきの英雄大将を生みつつ一方では日本の街頭に廃兵の薬売りの姿を現出し、一将功なって万骨枯る、の思いを与えた。〈宮本百合子・平和への荷役〉
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。