• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

橘逸勢の解説 - 小学館 大辞泉

[?~842]平安初期の官人・能書家。奈良麻呂の孫。遣唐留学生として入唐。帰国後、承和の変に連座して捕らえられ、伊豆へ流される途中没した。三筆の一人であるが、真跡と断定できるものは残っていない。

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉