由利公正の解説 - 小学館 大辞泉

[1829~1909]江戸末期から明治の政治家。越前福井藩出身。旧姓、三岡。通称、八郎。横井小楠に学び、藩政・国事に活躍。明治維新後、明治新政府の参与となり、太政官札の発行など政府の財政面を担当。また、五箇条の御誓文の起草にも参画した。元老院議官貴族院議員などを歴任。