• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

頼瑜の解説 - 小学館 大辞泉

[1226~1304]鎌倉時代の真言宗の僧。紀伊の人。字 (あざな) は俊音。中性院流の祖。大伝法院・密厳院を根来 (ねごろ) に移し、新義真言宗の教義を確立。著「大疏愚草」など多数。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉