• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

額田王の解説 - 小学館 大辞泉

飛鳥 (あすか) 時代の歌人。7世紀末までは在世。鏡王 (かがみのおおきみ) の娘。大海人皇子 (おおあまのおうじ) (天武天皇)の寵 (ちょう) を得て十市皇女 (とおちのひめみこ) を産み、のちに天智天皇に召された。万葉集に十余首の長歌・短歌を収録。生没年未詳。