• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

たちき‐ぶつ【立(ち)木仏】 の意味

  1. 立ち木のまま彫り出した仏像。また、そのように似せて彫成した仏像。仏教と霊木信仰とが結びついて8世紀ごろ発生したもので、10~12世紀の遺品が多い。