1. フトモモ科の常緑高木。芳香があり、葉は楕円形で両端がとがる。筒状の花が房状に集まってつき、つぼみは淡緑色から淡紅色になり、開花すると花びらは落ちる。つぼみを乾燥したものを生薬や香辛料にし、また油をとる。モルッカ諸島の原産で、東南アジアやアフリカなどで栽培。クローブ。

  1. 丁子油」「丁子頭 (がしら) 」「丁子香」「丁子染め」などの略。

  1. 紋所の名。1の実をかたどったもの。

  1. 刀剣の刃文の一。乱れ刃の一種で、チョウジの実を並べたような形状のもの。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

[生物/植物名]カテゴリの言葉