出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ナマコ綱の棘皮 (きょくひ) 動物の総称。すべて海産。体は円筒形で前後に細長く、前端に口と触手、後端に肛門があり、皮膚の中に小さな骨片が散在。種類が多く、マナマコは生食のほか、海参 (いりこ) 海鼠腸 (このわた) に加工する。 冬》「尾頭のこころもとなき―哉/去来

  1. 製錬した鉄・銅・鉛などを鋳型に流し込んだもの。

  1. 海鼠板」「海鼠壁」「海鼠絞り」などの略。