出典:デジタル大辞泉(小学館)

現在の東京都千代田区を中心とする地域。古くは武蔵 (むさし) 国豊島郡の一部であったが、平安末期、秩父 (ちちぶ) 平氏の一族江戸氏が今の皇居の地に居館を造り、室町時代、上杉氏の将太田道灌 (おおたどうかん) 江戸城を築いてから城下町として発達、さらに天正18年(1590)徳川家康が入城して以来、幕府の所在地として繁栄した。18世紀ころの地域は、おおよそ東は亀戸 (かめいど) 、西は新宿、南は大崎・南品川、北は千住・尾久 (おぐ) 辺りの範囲内。幕末の総町数は2770余、推定人口100万に上った。慶応4年(1868)7月東京と改称、翌年には首都となった。
新吉原から見て、遊郭外の江戸市内、特に神田日本橋辺りをさしていった語。
    1. 「今日は―へ参りました」〈洒・遊子方言

新吉原遊郭の5町の中の江戸町。
    1. 「―から京(=京町)まで残らず素見 (すけん) なり」〈柳多留・一四〉

の一品種。サトザクラの仲間。八重咲きの大きな花で、花弁の紅色は外側のものの方が濃い。江戸桜。

出典:青空文庫

出典:gooニュース