• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸中期の洒落本。1冊。田舎老人多田爺 (いなかろうじんただのじじい) 作。明和7年(1770)ごろ刊。江戸吉原で通人ぶった男が振られ、うぶな初心者がもてる話。のちの洒落本の原型となったもの。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉