出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「自凝 (おのころ) 島」の意で、自然に陸地が凝り集まってできた島の意》日本神話で、伊弉諾尊 (いざなぎのみこと) 伊弉冉尊 (いざなみのみこと) の二神が、はじめて作ったという島。転じて、日本の称。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉