【お知らせ】メンテナンスのため、2024年6月25日(火) 10:00~14:00(予定)は「ブックマーク機能」と「難読漢字遊戯」がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。

[名](スル)口から口へと語り伝えること。「民間に—されてきた説話

口頭証明すること。また、その証言

証書を用ひず、受合人と云ひて—の人あるなり」〈守貞漫稿・七〉

[名](スル)口ずさむこと。詩歌・文章などを声に出して読むこと。
  1. 細工工作職業とする人。

  1. 細工・工作品の意匠

工業商業。また、職人と商人。商工

旧陸海軍に所属し、兵器弾薬などの軍需品を製造・修理した工場。「砲兵—」

[名](スル)
  1. 一般発表されていること。表向きにいわれていること。「—部数六〇万部の雑誌」「参加者三万人と—する」

  1. おおやけの名称

おおやけに営業を認められた売春婦。昭和21年(1946)廃止。⇔私娼

  1. 公式証拠

  1. 行政上、特定事実または法律関係の存在をおおやけに証明すること。不動産登記選挙人名簿への登録など。

  1. 公務中に受けた負傷。⇔私傷

  1. 相撲で、取り組み中に負った傷。

あいきょうのある笑い。また、あいそ笑い。作り笑顔

「倩 (せん) たる—にわが命を託するものは必ず人を殺す」〈漱石虞美人草

[名](スル)
  1. 特定問題について相手と話し合うこと。掛け合うこと。「労働条件について—する」

  1. 交際接触によって生じる関係。かかわり合い。関係。「悪い仲間との—を絶つ」「異性と—をもつ」「没—」

中国代に使用された紙幣の総称代の交子 (こうし) から発達したもので、明代のものは特に宝鈔 (ほうしょう) という。

このみ。嗜好 (しこう) 。また、はやり。流行。「時代の—に合わせる」

「包みても包みがたきは人の—なるらん」〈鴎外舞姫

[名](スル)古い文献物品などを調べ、それを証拠として昔の物事説明したり解釈したりすること。「時代—」

《「行中書省」の略》中国代の地方行政機関河南陝西 (せんせい) ・四川甘粛遼陽・江浙 (こうせつ) ・江西・湖広・雲南嶺北の10区域設置され、その地方の財政民政軍政統轄した。現在の省の名称起源とされる。

天皇・神祇臨幸霊柩 (れいきゅう) の葬送などのとき、その前後左右を隠すために用いた白布の幕。歩陣 (ぶじん) 。歩帳。こうぞう。

功績に対して賞を与えること。「論功—」

「—の時思う旨があると言って辞退したので」〈鴎外・興津弥五右衛門の遺書

厚生大臣のこと。

かみ傷。かまれた傷。

[名](スル)大口をあけて笑うこと。どっと大声で笑うこと。「腹をゆすって—する」

あとの章。

後日の証拠。のちのちの証拠

「—のため皆ここにあらはす」〈色道大鏡・一一〉

学校記章

敵に投降した将軍

「一も—なきを見よ」〈小林雄七郎・薩長土肥〉

高等小学校」の略。

《「こうじょう」とも》高い声。大声。こわだか。

「—に十念唱へつつ、頸 (くび) をのべてぞ切らせられける」〈平家・一一〉

他人を敬って、その人が承知することをいう語。手紙に使う。「かねてからの依頼の件、御—を得たく」

5世紀から7世紀にかけて、中国新疆 (しんきょう) ウイグル自治区トルファン地方に栄えた、漢民族の植民国家。640年、に滅ぼされた。

高等商業学校」の略。

[名](スル)
  1. 大きな声で歌うこと。声高らかに唱えること。「万歳を—する」

  1. 声を大きくして主張すること。

[名](スル)空高く飛ぶこと。

室町中期、後花園天皇の時の年号。1455年7月25日〜1457年9月28日。

  1. 中国音楽の十二律の一。音律基本となる音。日本の十二律の壱越 (いちこつ) にあたる。

  1. 陰暦11月の異称

地殻の中で、有用鉱物(金属非金属)や石油天然ガスなどの流体凝集した集合体で、採掘して採算のとれるもの。

僧職の一。法会儀式をつかさどる僧の役名

宮中の歌会などで、発声 (はっせい) が行う初句朗吟に続いて、2句目以下を発声同音合唱する役。

詩文を講じ、また声をあげて読むこと。

儒家の絃歌—の声を」〈中島敦・弟子〉

[名](スル)
  1. 鳥が空高く飛ぶこと。

    1. 「籠より出だして—せしむるが如く」〈鴎外訳・即興詩人

  1. 思いのままに振る舞うこと。

    1. 「嗚呼時不祥にして鴟梟 (しきょう) —、讒諛 (ざんゆ) 志を得」〈東海散士佳人之奇遇

[名・形動]学問技芸言行などの程度が高く上品なこと。けだかくてりっぱなこと。また、そのさま。「—な趣味」「話題が—すぎる」⇔低俗
[派生]こうしょうさ[名]

香料化粧品。「—学科」「—事業部」

技術に優れた大工工人

煎茶道で用いる釜敷き

紅色の水晶

大きな釣鐘大鐘。巨鐘。

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年6月