出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1718~1790]江戸中期の前句付け点者。江戸の人。名は正通。通称、八右衛門。別号、無名庵。その選句を川柳点とよび、付句が独立して川柳とよばれるに至った。宝暦7年(1757)、「万句合 (まんくあわせ) 」を刊行、のち、その中から佳句を選んで「誹風柳多留 (はいふうやなぎだる) 」を出版。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉