けい‐ついほう〔‐ツイハウ〕【軽追放】 の意味

  1. 江戸幕府の刑罰の一。はじめ武士・庶民とも居住国・犯罪国のほか、江戸10里四方・京・大坂・東海道道筋・日光道中へ入ることを禁じられたが、のち、百姓・町人は居住国・犯罪国・江戸10里四方に限られた。また、田畑・家屋敷なども没収された。→重追放中追放