吐く/吹く の解説 - 小学館 類語例解辞典

吐く/吹く の共通する意味

口から呼気やその他のものを出す。

英語表現 to spit

国語辞書で調べる 吐く 吹く

吐く/吹く の使い方

吐く 【カ五】
▽大きく息を吐く ▽道端につばを吐く
吹く 【カ五】
▽ろうそくの火を吹いて消す ▽ラッパを吹く

吐く/吹く の使い分け

「吐く」は、意識するしないにかかわらず口からものを外に出す意。呼気のほかに、つば、たん、胃の内容物、口の中に入った異物など、出されるものはなんでもよい。また口に出してものをいうことや、物体が何かを出すことを比喩(ひゆ)的にいう。「弱音を吐く」「煙を吐いてSLが走る」
「吹く」は、口をすぼめて勢いよく呼気やものを出す意。意識的な動作として行われることが多い。またその勢いのよさから、「大ぼらを吹く」のように、比喩的に用いられることもある。

参照

吹く⇒吹く/吹き付ける

カテゴリ

#人間の体#呼吸

吐く/吹く の類語 - 日本語ワードネット

吐く の類語

肺に空気を吸い込みはき出す の意

(呼吸または匂い)が衰える の意

口から胃の内容を放出する の意

強烈なさまでつばを吐いた の意

はっきり言う; 口頭でまたは叫び、大声または騒音などのどれかで の意

聞こえるように表現する; 音を立てる(必ずしも言葉ではない) の意

吹く の類語

強く息を吐き出す の意

発芽する の意

吹くことで形成する の意

見せびらかす の意

聞こえるように表現する; 音を立てる(必ずしも言葉ではない) の意

吹いている、嵐が吹いている の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi