王者の仁徳により万民を感化し世の中をよくすること。君主の徳化。おうけ。

「万民を―に浴させたい」〈藤村夜明け前

[名](スル)時世や環境の変化に応じて変わること。適応。
[名](スル)思想や風習などがヨーロッパ風になること。また、そうすること。

わざわい。災難。

「豈 (あに) 水火を恐れ、―を憚 (はばか) らんや」〈東海散士佳人之奇遇

桜の花。「桜花爛漫 (らんまん) 」 春》

植物の緑色になるべき部分がクロロフィルを欠き、黄色または白色化する現象。光や鉄分の不足などによって起こる。→白化 (はっか) 

思いがけない災難。

[名](スル)
  1. 声を合わせて歌うこと。また、その歌。

    1. 「或は之を諷詠し、或は之を―し」〈柳河春三編・万国新話〉

  1. 声をそろえて褒めたたえること。

    1. 「世は名門を―する、世は富豪を―する」〈漱石・野分〉

  1. 恵まれた幸せを、みんなで大いに楽しみ喜び合うこと。「青春を謳歌する」「平和を謳歌する」

出典:青空文庫