1. メバルの別名。

  1. ニゴイの別名。さい。

  1. フサカサゴ科の一群の海水魚。体形はカサゴに似て、全長30~40センチ。全体に黒色のクロソイ、緑黄色のシマソイ、灰黒色に黄の斑点のあるゴマソイなど。磯釣りの対象。食用。

行い。しわざ。しょい。

「昨日もかちぐりをおっことして、人の―にしたぢゃあねえか」〈洒・素見数子〉

《動詞「そ(候)う」の命令形「そうえ」が転じた「そえ」の音変化》「お…そひ」の形で、補助動詞として用いられる。お…なさい。

「舅殿 (しうとどの) 、お聞き―」〈虎寛狂・夷毘沙門〉

白色の衣服。しろぎぬ。

前々から抱いている考え・願い。

  1. 山の斜面。

    1. 「岳の上より南の―を下りざまにおもむけたり」〈今昔・二五・五〉

  1. 人や物のかたわら。そば。わき。

    1. 「これを御笛に吹かせ給ふを―にさぶらひて」〈・二四五〉

粗末な着物。粗服。「粗衣粗食」

うとんじる気持ち。隔意。

出典:青空文庫