細く割った竹で作った骨組みに紙を張って糸を結びつけ、風を利用して空高く飛ばして遊ぶ玩具。絵凧字凧奴 (やっこ) 凧など種々ある。いかのぼり。いか。 春》「糸のべて―の尾垂るる水田かな/子規

[補説]「凧」は国字。

繰り返し圧迫を受けた皮膚の部分が角質化し厚くなったもの。骨の出っぱったところにできやすい。ペンだこや座りだこ、肘 (ひじ) だこなど。べんち。「耳に―ができるほど聞かされた」

  1. 頭足綱八腕目の軟体動物の総称。卵円形の頭状のところが胴で、内臓が収まっており、口状の漏斗からは墨・水・排泄物などを出す。頭は目のあるところで、口を俗にからすとんびといい、その下に8本の腕をもつ。腕には吸盤があるが、イカと異なりいぼ状。すべて海産で、肉食性。日本にはマダコイイダコミズダコなどが分布し、食用にする。 夏》「中年の逢瀬 (あふせ) の夜市―を購 (か) ふ/寒々」

  1. 蛸胴突 (たこどうつ) き

  1. 蛸配当」の略。

出典:gooニュース