• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

重兼芳子の短編小説。火葬場を舞台とした作品。昭和54年(1979)発表。同年、第81回芥川賞受賞。昭和59年(1984)、「愛しき日々よ」の題名で映画化。

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉