《「﨟」は僧侶の夏安居 (げあんご) 修行の回数を数える語》

  1. 修行の年功を積んだ高僧。⇔下﨟

  1. 地位・身分の高い人。⇔下﨟

    1. 「右衛門督殿 (うゑもんのかみどの) の上 (かみ) に着き給ふ―は一人もおはせざりつるものを」〈平治・上〉

  1. 上﨟女房」の略。

    1. 「あるなかの―なれど、おほやけに世をしづめ、久しう仕うまつりたる人の女なり」〈宇津保・国譲下〉

  1. 身分の高い女性。貴婦人。

    1. 「やごとなき―の」〈謡・紅葉狩

  1. 江戸時代、大奥に仕えた上級の御殿女中をさす職名。

  1. 女性。特に、若い女性。

    1. 「わかい―のおやさしい、年寄りと思し召し、嫁子もならぬ介抱」〈浄・冥途の飛脚

  1. 遊女。女郎。

    1. 「われあまた―を持ちて候ふ中に」〈謡・班女

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉