1. 下ろすこと。下へ移すこと。「雪―」

  1. 役職・地位を下げたり、辞めさせたりすること。「総理―が本格化」

  1. 新しい品の使い始め。「仕立て―」

  1. (「卸し」とも書く)

    1. ㋐大根・わさびなどをすりくだいたもの。「もみじ―」

    2. ㋑「下ろし金」の略。

  1. 魚の身を、中骨に沿って包丁を入れ、二つまたは三つに切り離すこと。「三枚―」

  1. 舞事で、笛が特殊な演奏をする部分。

  1. 義太夫節で、序詞の終わりのひとくぎりに使われる、荘重にゆっくりと語る旋律型。

  1. 神仏に供えた物のお下がり。また、貴人の飲食物の食べ残しや使い古しのお下がり。

    1. 「御仏供 (ぶく) の―たべむと申すを」〈・八七〉

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉

出典:gooニュース