• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

伊藤左千夫による連作7首の短歌。九十九里浜の自然を詠んたもの。明治42年(1909)の作。正称は「二月二十八日九十九里浜に遊びて」。「九十九里浜に遊びて」「九十九里の浜に遊びて」などとも呼ばれる。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉