《「言 (こと) 」と同語源》

「もの」が一般に具象性をもつのに対して、思考・意識の対象となるものや、現象・行為・性質など抽象的なものをさす語。
  1. 世の中に起こる、自然または人事の現象。事柄。出来事。「―の真相」「―の起こり」

  1. 大変な事態。重大な出来事。「失敗したら―だ」「ここで―を起こしたら苦労が水の泡だ」

  1. 仕事。用件。「―をなしとげる」

  1. 物事の状態や経過。また、それを中心とした事情。いきさつ。「―を見守る」「―と次第によっては許さないでもない」

    1. ㋐行事や儀式。

      「夜いたう更けてなむ、―果てける」〈・花宴〉

    2. ㋑生命。

      「いみじき―の閉ぢめを見つるに」〈・幻〉

    3. ㋒言外に了解されている、ある事柄。例のこと。

      「この僧、彼の女に合宿して、―ども企てけるが」〈著聞集・二〇〉

    4. ㋓食事。特に、僧の夜食。

      「ある人、―をして贈りたりけるに」〈著聞集・一八〉

他の語句をうけて、その語句の表す行為や事態を体言化する形式名詞。
  1. 行為。仕業。「つまらない―をしでかしたものだ」

  1. ある対象に関連する事柄。「映画の―は彼が詳しい」「後の―は君に一任する」

  1. 心情や動作の向かっている対象。「君の―が好きだ」「家族の―を大切にする」

  1. 言葉の内容や意味。「君の言う―はわからないでもない」

  1. 文章の段落などの題目。「イソポが生涯の―」

    1. ㋐(「…ということだ」「…とのことだ」などの形で)噂。伝聞。「彼も結婚したという―だ」

    2. ㋑(「…ことがある」などの形で)場合。「ときどき郵便物が返ってくる―がある」

    3. ㋒(「…ことがある」などの形で)経験。「アメリカなら行った―がある」

    4. ㋓(「…ことはない」などの形で)必要。「そこまでしてやる―はない」

    5. ㋔(「…だけのことはある」などの形で)価値。「専門家に任せただけの―はあって、見事な出来だ」「わざわざ出かけただけの―はあった」

    6. ㋕(「…のことだ」などの形で)ある言葉の指し示す対象である意を表す。「九郎判官とは源義経の―だ」

    7. ㋖(「…ことにする」「…こととする」などの形で)決定する意を表す。「やっぱり田舎に帰る―にするよ」

    8. ㋗(「…ことにしている」などの形で)意図的な習慣にしている意を表す。「毎朝ジョギングする―にしている」

    9. ㋘(「…ことになる」「…こととなる」などの形で)結果的にそうなる意を表す。「今度の会談で、国際情勢は新たな局面を迎える―になった」

    10. ㋙(「…ことになっている」などの形で)既に規則や予定で、そう決まっている意を表す。「法律で弁償しなくてはならない―になっている」「来秋から留学する―になっている」

    11. ㋚(「…ことだ」などの形で)話し手自身の判断に基づいた進言・忠告である意を表す。「入院を機に、ゆっくり休む―だ」「彼にはよく謝っておく―だな」

    12. ㋛(「…をこととする」などの形で)その行為に没頭していること、それを当面の仕事としていることを表す。「晴耕雨読を―とする」

      「銭積もりて尽きざるときは、宴飲声色を―とせず」〈徒然・二一七〉

  1. それに関して言えば、の意を表す。「私―この度転居致しました」

  1. 通称・雅号などと本名との間に用いて、両名称の指す人物が同一であることを表す。「楠公 (なんこう) ―楠木正成」

  1. 活用語の連体形に付いて句を体言化し、そこに述べられた事柄をきわだたせる意を表す。「未来を予知する―ができる」「走る―は走るけれど、遅い」「間もなく帰る―と思います」

  1. 10 形容詞・形容動詞の連体形に付いて、その状態を強調する意を表す。「長い―お世話になりました」「不思議な―にからだが宙に浮いた」

  1. 11 「の」を介して程度を示す副詞に付き、さらに強調する意を表す。「なおの―悪い」「いっその―やめたらどうだ」

  1. 12 (多く「…ごと」の形で用いる)

    1. ㋐動詞の連用形、名詞、形容動詞の語幹に付いて、事柄としての行為や状態を表す。「考え―」「悩み―」「色―」「きれい―」

    2. ㋑真似をする遊びであることを表す。「まま―」「鬼―(=鬼ごっこ)」

  1. 13 活用語の連用形に付いて、句を体言化する。→こと[終助]

    1. 「呉人が西施をくせ物と云ひ―は無益なり」〈中華若木詩抄〉