1. 現在のあとに来る時。これから来る時。将来。「未来に向けて羽ばたく」「未来都市」

  1. 仏語。三世 (さんぜ) の一。死後の世。来世。後世 (ごせ) 。未来世。

  1. 主として西欧語の文法で、時制の一。過去・現在に対して、これから実現するものとして述べる場合の語法。動詞の語形変化で示される。

    1. 将来[用法]

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース