• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
江戸川乱歩の短編推理小説。大正12年(1923)「新青年」誌に掲載された、著者の処女小説。ポーの「黄金虫」の影響を感じさせる暗号解読もので、日本の推理小説の基礎を築いた作品。
黒島伝治の短編小説。大正15年(1926)「文芸戦線」誌に発表。発表時のタイトルは「銅貨二銭」。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉