• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

源俊頼による歌論書。天永3年(1112)頃、関白藤原忠実の娘、藤原勲子(高陽院)のために述作したものとされる。俊頼無名抄 (むみょうしょう) 。俊秘抄 (しゅんぴしょう) 。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉