• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

千秋万歳の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

歳月の非常に長いこと。また、長寿を祝う言葉。▽「千」「万」は数の非常に多いことを示す。「秋」「歳」はともに年のこと。千年、万年の非常に長い年月の意。「万歳」は「ばんぜい」「まんざい」とも読む。
用例
皇室の御栄えあらせらるることは、われわれ国民にとってまことに喜びにたえませんことで、千秋万歳、皆さんの毎日お歌いになる君が代の唱歌にもさざれ石の巌となりて苔こけのむすまでと申してございます通りであります。<田山花袋・田舎教師>
類語
千秋万古せんしゅうばんこ 千秋万世せんしゅうばんせい 南山之寿なんざんのじゅ

千秋万歳の解説 - 学研 四字辞典熟語

きわめて長い年月のこと。永久、永遠。また、千年万年の長寿を祝うことば。長生きを祝福し、いつまでも健康であるようにということば。
注記
「せんしゅうばんぜい」「せんしゅうまんざい」とも読む。「秋」も「歳」も、年月の意味。
用例
我々国民に取ってまことに喜悦よろこびに堪えませんことで、千秋万歳…〈田山花袋・田舎教師〉
類語
千秋万古せんしゅうばんこ

千秋万歳の解説 - 小学館 大辞泉

千年万年。永遠。また、長寿を祝う語。

⇒せんずまんざい(千秋万歳)

初春の祝福芸で、宮中をはじめ諸寺・諸家を回ってことほぎをして舞い、祝儀をもらうもの。平安末期に起こり、中世に盛行した。せんしゅうまんざい。 新年》

[人生の節目で/祝う/長寿]カテゴリの四字熟語

キーワード[永遠]の四字熟語

キーワード[長生き]の四字熟語