心機一転の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

ある動機をきっかけとして、すっかり気持ちがよい方向に変わること。また、あることをきっかけに、すっかり気持ちや心をよいほうに入れかえること。▽「心機」は心の働き・心のはずみ・気持ち。「一転」はまったく変わる、がらりと変わること。
句例
心機一転のチャンス
用例
いまは嫁もこの家の一員に加わり、ようやく心機一転、再出発の思いも込めたもので、<宮尾登美子・序の舞>
活用形
〈―スル〉

心機一転の解説 - 学研 四字辞典熟語

ある事をきっかけとして、新たな気持ちや態度で事に臨むこと。明るい気持ちに切り替えてやり直すこと。
注記
「心機」は、心の働き・気持ち。「一転」は、がらりと変わること。

心機一転の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)何かをきっかけにして、気持ちがすっかり変わること。「心機一転して仕事に励む」
[補説]「心気一転」と書くのは誤り。

[人生の節目で/門出・旅立ち/門出]カテゴリの四字熟語

出典:gooニュース

キーワード[変化・変動]の四字熟語

出典:青空文庫