• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

安穏無事の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

変事もなく、穏やかで安らかなさま。社会や暮らしなどの穏やかな様子をいう。▽「安穏」は穏やかな様子。「穏」は「おん」とも読む。
句例
安穏無事を祈る、安穏無事な生活、安穏無事に暮らす
用例
安穏無事に過ごせるはずの晩年を奪われた不遇さが、分からぬわけでもない。<城山三郎・乗取り>
類語
平穏無事へいおんぶじ
活用形
〈―ナ〉

安穏無事の解説 - 学研 四字辞典熟語

これといった事件もなく、世の中や暮らしが穏やかで安らかなさま。
注記
「安穏」は、異変がなく穏やかなこと。「無事」は、心配事がないこと。「あんおんぶじ」とも読む。
類語
無事息災ぶじそくさい 平安無事へいあんぶじ 平穏無事へいおんぶじ

[人生の節目で/門出・旅立ち/無事を祈る]カテゴリの四字熟語

キーワード[平和]の四字熟語