• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

安寧秩序の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

国や社会が落ち着いていて、乱れていないこと。平和で不安がなく、秩序立っていること。▽「安寧」は穏やかに治まり、不安のないこと。
句例
安寧秩序を乱す
用例
宗教は(中略)一社会の各員がその社会の安寧秩序を維持する力に対する共同的関係であるといって居る。<西田幾多郎・善の研究>

安寧秩序の解説 - 学研 四字熟語辞典

国や社会が乱れることなく平安無事に治まっていること。
注記
「安寧」は、世の中が安らかで、不安のないこと。「秩序」は、規律が正しく守られている状態。
用例
あんな消極的思想は安寧秩序を紊みだる、あんな衝動生活の叙述は風俗を壊乱するというのであった。〈森鷗外・沈黙の塔〉

安寧秩序の解説 - 小学館 大辞泉

世の中が整った状態にあり、安定していること。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。