• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

生生世世の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

生まれ変わり死に変わりして限りなく多くの世を経る意。現世も来世永遠に。いつまでも。▽仏教語。「世世」は「せせ」「よよ」とも読む。
出典
『南史なんし』王敬則伝おうけいそくでん
句例
生々世々、決して忘れない
用例
それがしが縄目を赦ゆるいてたまわった御恩は、生々世々忘却つかまつるまじい。<芥川竜之介・きりしとほろ上人伝>
類語
未来永劫みらいえいごう

生生世世の解説 - 学研 四字熟語辞典

生まれ変わりを何度も繰り返して経験するこの世のこと。現世も来世も。永遠のこと。
注記
仏教のことば。「しょうじょうせせ」「しょうじょうよよ」とも読む。
出典
『南史なんし』王敬則おうけいそく
類語
生生流転せいせいるてん

生生世世の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

《「しょうじょうせせ」とも》生まれ変わり死に変わって経る多くの世。未来永劫 (みらいえいごう) 。

「—国主大名などに再びとは生まれまじきぞ」〈菊池寛・忠直卿行状記〉

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。