• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

生死流転の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

衆生しゅじょうが煩悩を捨てられず、解脱することもなく、苦しい生死の世界を果てることもなく巡ること。▽仏教の世界では、人間は生死を繰り返して、六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上の六界)を次々と巡ると考えていた。
用例
三衣を纏まとい一鉢を捧ぐる身の、世の盛衰に離れ得ず、生死流転の間に彷徨さまよえるこそ口惜しき至りなれ。<高山樗牛・滝口入道>
類語
生死転変しょうじてんぺん 生生流転せいせいるてん 流転輪廻るてんりんね

生死流転の解説 - 学研 四字辞典熟語

生と死を繰り返すこと。
注記
仏教では、生まれては死に生まれては死にして、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上の六道を際限なく巡ると考えられた。

生死流転の解説 - 小学館 大辞泉

仏語。衆生 (しゅじょう) が、生死を繰り返し、はてしなく三界六道の迷界をめぐること。

キーワード[移り変わり]の四字熟語

キーワード[永遠]の四字熟語

キーワード[生死]の四字熟語