• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

生死不定の解説 - 学研 四字熟語辞典

いつ生まれて、いつ死ぬのかは、わからないということ。また、仏教のことばとしては、人生は、はかなくむなしいものだという意味。
注記
「不定」は、仏教のことばでは、はかなくもろいこと。無常。「生死」を「せいし」と読み誤らない。
用例
いつかあの幼い女の子が、生死不定の姿ながら、ひしと抱かれておったをいかにしようぞ。〈芥川龍之介・奉教人の死〉

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。