• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

延命息災の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

無事に長生きをすること。何事もなく長生きすることを願い祈る語。▽「息災」は災いをとめる意。転じて、からだにさわりのないこと、無事なこと。「息」はやむ、終わらせる意。「息災延命そくさいえんめい」ともいう。
句例
延命息災を祈る
用例
頭寒足熱は延命息災の徴と傷寒論にも出ているとおり、<夏目漱石・吾輩は猫である>
類語
無事息災ぶじそくさい 無病息災むびょうそくさい

延命息災の解説 - 学研 四字熟語辞典

何の災いもなく、無事に長生きすること。また、そうありたいと願うことば。
注記
「延命」は、寿命を延ばす。長生きすること。「えんみょう」とも読む。「息災」は、災いをとめる、終わらせること。また、病気などのないこと。「息災延命そくさいえんめい」ともいう。
用例
「……息災延命、息災延命、学問、学校、心願成就。」と、手よりも濡れた瞳を閉じて、頸えり白く、御堂みどうをば伏拝み、〈泉鏡花・売色鴨南蛮〉
類語
無病息災むびょうそくさい

キーワード[長生き]の四字熟語