• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大阪府の藤井寺市・羽曳野 (はびきの) 市・松原市にまたがる大古墳群。大古墳が集中するので、大和にあった王朝が河内 (かわち) に移ったとする説もある。応神天皇陵古墳など26基が、令和元年(2019)「百舌鳥 (もず) ・古市古墳群-古代日本の墳墓群-」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。→百舌鳥古墳群

[補説]世界遺産に登録された26基
津堂城山古墳、仲哀 (ちゅうあい) 天皇陵古墳、鉢塚古墳、允恭 (いんぎょう) 天皇陵古墳、仲姫命 (なかつひめのみこと) 陵古墳(仲津山古墳)、鍋塚古墳、助太山 (すけたやま) 古墳、中山塚古墳、八島塚古墳、古室山古墳大鳥塚古墳応神天皇陵古墳、誉田丸山 (こんだまるやま) 古墳、二ツ塚古墳、東馬塚古墳、栗塚古墳、東山古墳、はざみ山古墳、墓山古墳野中古墳、向墓山 (むこうはかやま) 古墳、西馬塚古墳、浄元寺山 (じょうがんじやま) 古墳、青山古墳、峯ヶ塚古墳、白鳥陵 (はくちょうりょう) 古墳

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉