• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

(梵)Kṣitigarbhaの訳》釈迦入滅後から弥勒 (みろく) 仏が世に現れるまでの間、無仏の世に住み、六道衆生 (しゅじょう) を教え導くことを誓いとした菩薩。中国では唐末、日本では平安中期から盛んに信仰された。像は慈愛に満ちた円満柔和な僧形に作り、多くは右手に錫杖 (しゃくじょう) 、左手に宝珠を持つ。