• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

夏雲奇峰の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

夏の青空に現れる入道雲のめずらしい峰の形のこと。
出典
陶潜とうせん「四時しいじ」(詩)。「春水四沢しゅんすいしたくに満ち、夏雲奇峰多し」。顧愷之こがいし「神情詩しんじょうし」にも同句がある。