• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
    1. ㋐武家礼式の一派。室町時代、足利義満の臣小笠原長秀が制定。以後、武家の正式の礼法とされた。明治以後、学校教育にも取り入れられ、特に女子の礼式として広く用いられた。

    2. ㋑俗に、堅苦しい礼儀作法のこと。

  1. 弓術・馬術の一派。源頼朝の臣である小笠原長清を祖とする。

  1. 兵法の一派。小笠原宮内大輔氏隆が創始。