• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

奈良時代、穀物の価格の変動を防ぐために、穀類を貯蔵した官営の倉。豊年で安価のときに買い入れ、凶年で高価のときに放出して価格の調節を図った。江戸時代にも水戸会津土佐薩摩 (さつま) などの諸藩に置かれた。