享保9年(1724)、大坂町人が中井甃庵 (なかいしゅうあん) を中心として開設した私塾。享保11年(1726)幕府の認可をうけた。庶民が多く学び、富永仲基山片蟠桃 (やまがたばんとう) などの町人学者が輩出した。明治2年(1869)廃校。懐徳書院。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉