• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

抱薪救火の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

害を除こうとして、かえってその害を大きくすることのたとえ。火を消すのに薪を抱えて行く意から。▽「薪たきぎを抱いだきて火を救すくう」と訓読する。
出典
『淮南子えなんじ』覧冥訓らんめいくん
句例
抱薪救火の愚
類語
鑿竇止水さくとくしすい 負薪救火ふしんきゅうか

抱薪救火の解説 - 学研 四字熟語辞典

害を及ぼす原因を取り除こうとして、かえって火をつける結果になること。
注記
「抱薪」は、薪たきぎを抱えること。「救火」は、消される火を救うこと。すなわち火を消しに行くのに、薪を抱えて行ってしまって逆効果になることの意から。「薪たきぎを抱かかえて火を救すくう」と読み下す。「火に油を注ぐ」と同意。
出典
『淮南子えなんじ』覧冥らんめい

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。