• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

既往不咎の解説 - 学研 四字辞典熟語

過ぎてしまったことは、とやかくとがめだてしないこと。
注記
「既往」は、済んでしまったこと。また、過去。「咎」は、とがめる。過ぎてしまったことはとやかく言わないが、将来に向けてこれからは言動をつつしむべきだという戒めのことば。出典の「成事せいじは説かず、遂事すいじは諫いさめず、既往きおうは咎とがめず」による。
出典
『論語ろんご』八佾はちいつ

キーワード[戒め]の四字熟語

キーワード[今昔]の四字熟語