1. ヒカゲノカズラ科の常緑多年生の蔓性 (つるせい) のシダ。山野に生え、茎は地をはい、針状の葉がうろこ状につく。茎から細い枝が直立し、長さ約5センチの黄色い胞子嚢 (ほうしのう) の穂をつける。胞子石松子 (せきしょうし) といい、薬用などにする。きつねのたすき。かみだすき。てんぐのたすき。

  1. 新嘗祭 (しんじょうさい) 大嘗祭 (だいじょうさい) などの神事に、冠の巾子 (こじ) の根もとに1をつけたもの。のちには青糸や白糸を組んで作ったものも用いるようになった。かずらがけ。

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年5月