文芸雑誌。明治24年(1891)早稲田大学の前身東京専門学校文学科の機関誌として創刊。坪内逍遥が主宰し、森鴎外との間に没理想論争を展開。明治31年(1898)休刊。第二次は明治39年に(1906)島村抱月が再刊、正宗白鳥らが参加し、自然主義の牙城となった。昭和2年(1927)廃刊。その後も断続的に刊行、数次を重ね現在に至る。→三田文学

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉