• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 衣服・冠などに模様のあること。⇔無文

  1. 和歌・連歌・俳諧で、技巧や趣向のおもしろさが目立つもの。⇔無文

    1. 「歌にも連歌にも―無文と云ふ事あるなり」〈九州問答〉

  1. 能楽で、見かけの効果的な美しさの表現。⇔無文

    1. 「―、無文の心根尽きて、闌 (た) けたる位にものぼるべし」〈申楽談儀