• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代以来、公家階級で装束・調度などに用いられた伝統的文様。他の分野の文様と区別して、近世以降この名でよばれる。小葵 (こあおい) 窠文 (かもん) 幸菱 (さいわいびし) 三重襷 (みえだすき) 唐草文様立涌 (たてわく) などがあり、隋・唐から伝えられた文様を和様化したもので、日本の文様の基調をなしている。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉