[名]
  1. 切り倒した木や、刈り取った稲などの、あとに残った根元の部分。切り株や刈り株。くいぜ。

  1. 草木の、何本にも分かれた根元。「菊の株を分ける」

  1. 株式株券

    1. ㋐特定の身分・地位または職業上・営業上の権利・資格・格式。「相撲の年寄株」

      「このまま家(=芸者屋)の―をそっくり譲ってやりたいと」〈荷風腕くらべ

    2. ㋑江戸時代、株仲間の一員として持つ特権。また、御家人 (ごけにん) 名主 (なぬし) などの身分・地位を世襲・継続する特権。売買の対象ともなった。

  1. その仲間・社会で評価を得ていること。また、その評価。「日本の株が上がる」

  1. その人特有の癖。得意なわざ。現代では「おかぶ」の形で用いる。→御株 (おかぶ) 

    1. 「このばあさまは…泣きごとばかりいふが―なり」〈滑・浮世風呂・二〉

[接尾]
  1. 助数詞。

    1. ㋐根のついた草木を数えるのに用いる。「カンナ三株」

    2. 株式株券を数えるのに用いる。

  1. 名詞に付いて、その地位・資格を持つ者の意を表す。「兄貴株」「番頭株」