• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

活溌溌地の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

生き生きとして勢いのあるさま。意気盛んで、元気のあるさま。▽「活溌溌」は魚がぴちぴちと勢いよくはね上がるさま。「地」は助字。「かっぱつぱっち」「かつはつはっち」とも読む。また「活撥撥地」とも書く。
出典
『中庸章句ちゅうようしょうく』一二章
用例
幸徳等は死ぬる所か活溌溌地に生きている。<徳富蘆花・自然と人生>
活用形
〈―ナ〉